借金は返すのが大変だと知った

借金は作るのは簡単ですが、返すのは何杯も大変だということを知りました。

 

借りる時には一応シミュレーションをして、大丈夫だろうと考えていたのですが、
いざ返済をしてみるとこれが結構きついものがあり、結局返済額を減らさざるを得ませんでした。

 

返済額を減らすと元金が減らないので、いつまでたっても金利だけを支払っているような感じで、
こんなに借金というのは返済が難しいものなのかと思ってしまったのです。

 

そもそも、お金に苦しい時に借りるものですから返済が苦しいというのも当たり前の話で、
安易に借りるとかなりきつい思いをするということを身をもって知ることになりました。

 

それでも何とか少しずつではありますが借金は減っていき、更に金銭的に多少の余裕が生まれてきたので返済のペースを速めるとだいぶ楽になってきたのです。

 

とにかく、初期の段階で返済のペースが遅いと元金が減らないのですが、
逆に元金が減ってくると金利の面でも気持ちの面でも楽になってきますから返済はしやすくなりました。

 

それでも決して楽というわけではありませんでしたが、最終的には完済をすることができたので良かったです。

 

完済をしてからは、返済に回していた分が余るようになり貯金を増やすことができるようになったので、その点も良かったと感じています。

債務整理をしてよかったです

社会人になり一人暮らしを始め、自由になったことから生活が乱れていくようになりました。その頃には仕事のストレスもあり、解消するためにショッピングを頻繁にするようになりました。最初は給料で購入できる範囲でしたが、だんだん高額なものを買うようになり給与では購入できないときには、お金を借りてまで購入していました。

 

クレジットカードで購入し、それでもたりないと消費者金融を利用したりと、気づいたときにはかなりの金額になっていて、いつ返済が終わるのかすらわからない状態で、自分ではどうにもできなくなっていました。このままではダメだと焦っていたときに、債務整理をしてみようかなと思うようになりました。

 

弁護士に相談したところ、私の場合は任意整理がメリットが多いということを教えてもらい、内容にも納得することができたので依頼することにしました。依頼してからは返済の催促の電話もかかってこなくなり、精神的にもかなり楽になりました。債務整理を終えて、月の返済額が半分以下になり、びっくりしました。

 

任意整理なので、自己破産のように借金無くなるわけではありませんが、月々の返済額が減ったことにより貯金もできるようになったし、こんなことならもっと早く相談していればよかったです。